【創作】印象に残るうちの子を作るための簡単キャラデザ

自分のオリキャラ(うちの子)をフォロワーさんや誰かに覚えてもらえたり、認知してもらえたり…好きになってもらえたりするととっても嬉しいですよね!

そこで本記事では「覚えてもらいやすい」「印象に残りやすい」「個性的な」キャラクターをキャラデザするための私流の簡単なコツを、実際にキャラクターをデザインしながらお伝えします。数年前…オリキャラがモブっぽいといわれて悔しくなり、個性にこだわってキャラクターを作るようになった私のこだわりが詰まっております。ぜひ最後まで見ていただき、あなたの創作活動のお役に立つことができましたら幸いです♪

男性キャラを作ろうと思います。まずは男性のシルエットを描きます。これを下書きとして上から髪や服などを書き加えてデザインを考えるイメージです。

スポンサーリンク

準備①キャラクターの設定を考え、資料を集める

今回作るのは「邪悪なボスがいる部屋を守ってる魔法使いの中ボス」という設定のキャラです。「魔法使い 服」や「黒魔術師」などで画像検索してみて着せてみたい服を考えていきます。

魔法使いといえば大きなトンガリ帽子でしょ…くらいしか思いつかなかった私ですが、画像検索することで頭からかぶるローブ、かっこいいなぁと気が付くことができました。パクリはだめですが、発想を補うための資料集めはとってもおすすめです♪

中ボスなので「弱点の部位」とかがあれば面白いなぁと思い、胸には大きな宝石をつけてみることにしました。そこを執拗に攻撃すると勝てるんですね。

準備②服と髪形を簡単に書いてみる

以上の簡単な設定を踏まえて先ほどの下書きの上から髪と服を描いていきます(私はいつも顔つきは最後に決めます)。

このままではまるっこいモブっ子…(´・ω・`)

この素朴な魔法使いを印象に残るキャラにするために工夫を施していきます!

ポイント①特徴を拾って大げさに書く

かっこいいローブ、外ハネの髪型と長めのもみあげ、胸元の宝石…

キャラクターの見た目の特徴を3つほど掘り下げて、それを強調するように思い切って大きく書きます。そうすることで、特徴が視界に入り、例えば「外ハネの髪型かわいいなぁ」「ローブ特徴的だな」と注目してもらえるようになります。ほかのキャラに埋もれず見分けてもらえるような個性的なキャラにすることができます!

ポイント②装飾・模様を付け足す

「かっこいいキャラ」にするために装飾・模様を書き足します。細かく書きすぎると絵を描くときに大変になってしまうので、書きやすさも踏まえながら考えます。描きやすさを考えることで、うちの子のファンアートも書いてもらいやすくなっちゃうかも♪

思いつかないときは「〇」「△」「♢」などの図形を組み合わせて装飾や模様を付け足すといいですよ。

ポイント③輪郭の外側にはみ出す装飾を描く

意識せずに楽しくキャラクターを作っていると、キャラクター全体の輪郭が丸っこくなりがちです。キャラクターの輪郭をはみ出す装飾(ひらひらした衣装や小物、なびく髪等)をさらに書き足すことで、デザインに説得力が増します。輪郭だけでどのキャラか判別できるようにすることが、印象に残りやすいキャラにするポイント♪

ポイント④テーマカラーを決める

統一感のある色合いのキャラクターだと、「〇色のキャラだ」と覚えてもらえます。その色がテーマカラーとなりひとつの個性になるのです。

迷うときは以下の色の組み合わせを参考にしてみてください♪

  • 黒・白・灰色・好きな色(テーマカラー)

大きい範囲は黒、白、灰色などを使い、ポイントに好きな色を使います。私は黒、白、灰色で色を決めてからバランスを見ながら好きな色をのせます。黒の代わりに茶色を使っても統一感が出ますよ。

キャラクターの性格や設定を掘り下げて清書する

目の色や口の形、大きさ等も考えて…表情や性格もイメージして…先ほど作ったデザインの資料を参考に改めてキャラクターを清書します。性格をイメージするのが難しい方はそのキャラの「話し方」「表情」を想像するとだんだんと固まってきますよ。

色やバランス、顔つきを調整し、わかりやすい一枚に仕上げましょう。

キャラの立ち絵(全身イラスト)を用意できずに困っている…

そんなときはぜひ私、もんにご相談くださいませ。3000円~の料金で人物のキャラクターイラストの制作を承っております(キャラクターデザインは追加料金なしで行っております♪)

ご相談や質問、お見積りは以下のSUKIMAのメッセージへお願いいたします!

もんさんのプロフィール | スキマ - スキルのオーダーメイドマーケット - SKIMA

クリエイター「もん」と、もんへのイラスト制作の依頼に関しましては以下の記事で詳しくご紹介しております。

おまけポイント⑤わかりやすいキャラ紹介画像を作っておく

デザインや簡単なイラストだけでは、性格や設定まで伝わらず、愛着までは持ってもらいにくいでしょう…。

そこで、一枚キャラクターの全身が分かるイラスト&キャラ紹介を作っておきます。いわゆるキャラシ。資料みたいなものです♪

例えばそのキャラクターについてツイートするときにその画像を添えれば、「このキャラはこういうキャラなんだなー」とつぶやきと合わせてみてもらうことができます。

こちらのキャラシートはどなたでも自由に使っていただけますので、使ってみたい方は以下の記事から保存してみてください♪

最後に…

本記事では「覚えてもらいやすい」「印象に残りやすい」「個性的な」キャラクターをキャラデザするための私流の簡単なコツを、実際にキャラクターをデザインしながらお伝えしました。いかがでしたでしょうか♪

オリキャラはいるけど本編がない…本編がほしい!短編小説を書いてみたい!という方向けに、私流のお話・短編小説の書き方を紹介している記事もございます。よりオリキャラを深く、魅力的に表現することができますよ♪

かわいいうちの子を作って、ぜひ楽しい創作ライフを一緒に楽しみましょう♪

ありがとうございました!

タイトルとURLをコピーしました