【絵の趣味】後悔しない準備方法&楽しく続けるコツ

★優しいお絵描き 絵を描く時のコツ

メッセージカードや手帳のデコレーション、お子様とのお絵かき、プリクラのラクガキ、副業など…手軽に可愛いイラストを描くことができたらいいなぁと思っている方は意外と多いと思います。

そこで本ブログでは以前、以下の記事で「ゆるキャラのイラストを描く趣味」をおすすめ&ご紹介しました。

とはいっても何からはじめたらいいのかなぁ…

よくわからないままはじめて、

実感もないままやめちゃったりするともったいないよね

そんなあなたへ本記事では、始めてでも安心してお絵描きを始められる様、絵を描く前の最初の準備について詳しくご紹介します。

ご紹介するのは以下の項目についてです。

  • 絵を描くための環境について
  • 絵を描く時間について
  • 描くための道具を準備する
  • 絵を描くための用紙について
  • 作品を保管するための準備をする

本記事があなたのお絵描き第一歩の、お役にたてましたら幸いです!

スポンサーリンク

絵を描き始める前の準備について

絵を描くための環境について

足や腰を痛めないためにも、楽な姿勢で机に向かって描くことが理想です。

また、はじめはひとりで、そして自分のペースで描く方が、

イラストを描く楽しさや感覚が身につきやすいのでおすすめです。

途中の絵ってなんだか、見られるの恥ずかしかったりするしね

ただ、反対に皆でワイワイ描くのもそれはそれで楽しいんですよ!

僕はしろくま君やみんなと描きたいな

とにかく一番は…

「あなたに合ったスタイルで楽しめる環境」であることです。

それが何なのか、ちょっぴり思いを巡らせてみてください♪

絵を描く時間について

絵を描く事は意外と集中して体力を使うこともあります。特にSNSで定期的にイラストの投稿などをはじめると「最近忙しいし絵を描いてないな…描かないといけないな」なんて思ったりして、気楽に楽しめずにしんどくなってしまうことも…。

絵を描くことに悩むウサギのイラスト

そうなっちゃうと自信もなくしちゃいそう…

しんどくならないためにもまずは15分くらいの短い時間から始めることをおすすめします。

そして…特にはじめは一枚の絵に長い時間をとって、消しゴムで何度も消して描き直すより短い時間に色々描いて完成させてしまう方が、絵を気軽に続けやすいですよ!

絵を気楽に描くくまと悩むくまのイラスト

作品数が増えることへの達成感や、作品の上達が目で見てわかる事で自信もつき描くことを楽しむコツも掴めるからです!

描き慣れるまでは頑張りすぎないことが、

気軽に楽しく続けるためのポイントなんだ

イラストを描くための準備について【持ち物を確認する】

描くための道具を準備する

描くもの(ペン)について

まずは以下の三点があれば、簡単なイラストも少し凝ったイラストも色々描けますよ!

シャーペンで下書きをして、黒いボールペンで描いていくイメージです。

ゆるキャラなどを描く際はペン先が細いもののほうが、

上からなぞってゆがんだ線を修正したりもできますし、細かいところも描きやすく、

見栄えも良く仕上がるのでお勧めです。

あとは、塗りつぶす用に太めのペン先のボールペンや

マーカーペンがあれば時短が出来て便利ですね。

イラストを描くための用紙について

難しく考えず、裏紙やノート、画用紙、コピー用紙…何でもいいです!

勿論形から入るのもありだけど…

そういう時は百円ショップにいろいろあるからまずはそこに行ってみて!

これで絵を描いてみたい!と思う素敵な文房具を見つけたり、良いものが欲しくなってから、

ネットで色々検索してみたり、画材屋さんに行ってみるとといいと思います。

それも一つの楽しみですからね!

ちなみに…

始めてゆるキャラを描くにあたっての私のおすすめの用紙は

「小さいサイズのもの(または描くスペースが小さいもの)」です。

え、どうして?

描くスペースを把握しやすいから、無理に大きく描こうとしなくても、小さく遠慮がちに描いてしまう事が少なくなるんだ。

以下の画像をご覧ください!

小さい紙の方が、同じイラストでもラクガキっぽさがない

「作品」に見えると思いませんか?

大きい紙に描いた絵と小さい紙に描いた絵の比較画像

また面積が小さくすぐ塗り終わるので、簡単に描くにはぴったりです。

作品を保管するための準備をする

描いた絵は(上手くかけなかったとしても)なるべく捨ててしまわない様にし、残しておくようにしましょう!

後から見返して修正できたり、もっと描き慣れた時に「上手くなったなぁ」なんて見比べたり、リメイクできたり、新しいことに気がついたりできますよ。

そのため、特にバラバラになるものや、いつのまにか捨ててしまいそうな紙に絵を描く場合にはクリアファイル等に保管できるようにすると良いですね。

僕片付け苦手だからなくしてしまうと思う…

だったら、スマホで写真を撮っておくといいよ!

そうする!

まとめ

本記事では始めて絵を描く方向けに、絵を描くための準備について以下の項目について詳しくご紹介させていただきました。

  • 絵を描くための環境について
  • 絵を描く時間について
  • 描くための道具を準備する
  • 絵を描くための用紙について
  • 作品を保管するための準備をする

絵を描いてみるための環境や道具についてはイメージできましたでしょうか?本記事を参考に、まずは手軽な方法から…そして、自分にあった描画スタイルを柔軟に見つけて頂けると嬉しいです!

そして初めてお絵描きに挑戦される場合はぜひ、簡単で可愛い以下の鳥さんを描いてみてください♪短い時間で描き終わるだけでなく、一工程ずつ描き方やポイントを詳しく紹介しておりますよ!

がんばろう!

読んでいただきありがとうございました。

絵を描くくまのイラスト
スポンサーリンク
シェアする?
くま趣味

コメント

タイトルとURLをコピーしました